エッセンス

物事の本質はなにか考えていきたいと思っています。司法書士の仕事のこと、普通の人のIT利用についてもお話ししたい思います。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

SEO対策

SEO対策 Search Engine Optimizing(検索エンジン最適化)

最初は、なんじゃそりゃ、ということだったんですが、ホームページを作成したら、欠かせないものなのか、ということが分ってきました。ひとつの必要悪なのかな、と思っています。
ネットから情報を得るとき、まずは知りたい情報を検索する。検索して上位に表示されなければ、誰にも見てもらえない。それじゃ、ホームページを作っても無意味。

内容のあるすばらしいホームページを作成すれば、検索で上位に表示されるというのが理想ではある。
でも、検索エンジンがホームページの本当の価値が判定できるかについては、限界がある。機械ができることに限界があるのは当たり前のこと。
そこで、検索エンジンに評価してもらうのに、SEO対策をする。

まあ、お金を出して広告をするのだから、お金を出してSEO対策をするということが責められるものではないと思います。でもなあ、なんかなあ、というのが感想です。

ある紹介しているホームページ、例えば専門会の紹介などのホームページで、お勧めとして上位に表示されているのは、結局お金を出しているところで、幾ら出すとお勧めのところに表示される、ということになっている。それに比べれば、まだSEO対策はずっとましのようにも思う。

SEO対策をすると結局どうなっていくのか考えてみると、最終的には2つのいたちごっこをしなければならないことが分ります。

1.Googleとのいたちごっこ
Googleは、検索エンジンが価値の高いホームページを検索の上位に表示しようとしている。それでも、プログラムが本当の意味で自然言語を理解してその価値を判定するというのは、少なくともいまの技術では不可能(相当それに近づいているのかもしれないけど)であるので、なんらかの基準(Googleはこれを公表しない)で価値を評価している。SEO対策をする側は、経験則からこれを推定し、それに有利なホームページを作成する。それが本質的内容とずれていて、過剰な対策をしているのであれば、Googleはそれを価値があるという評価から除外する。これが永遠と切り替えされる。

2.競合するホームページとのいたちごっこ
こっちの方が問題が大きいように思います。
自分が検索して欲しいと思う検索語について、SEO対策をすると、検索の上位に表示されるようになる。A社がそれをやって、上位に表示されるようになると、同業者であるB社も対策を行なって、A社より上位に表示さるようになろうとする。C社も、D社も、となって、競合する100社全部がSEO対策をやり始めたら、どうなるんだろう。
もちろん、うまく対策をしたところが上位になるのだろうが、これが永遠と繰り返されていく。
SEO対策をしてもらうのに、結構な費用がかかる。永遠と繰り返していったら、お金を幾らかければいいんだろう。

一体、どうなっていくんでしょうね。
最後には、本当によいホームページが上位に表示され、小手先のSEO対策が無意味ということになってくれるのだろうか。

検索をしてすぐに表示されたホームページが、自分に必要な情報を提供してくれる内容のよいものではなく、宣伝のためにお金をかけたホームページであった、ということがあるのには要注意ですね。

| ホームページ作成 | 22:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://aceaksh.blog.fc2.com/tb.php/20-d95ce59c

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。