エッセンス

物事の本質はなにか考えていきたいと思っています。司法書士の仕事のこと、普通の人のIT利用についてもお話ししたい思います。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ノスタルジックなコンピュータの話 その5

MicroSoftとWindows

MicroSoftはこのころ、MS-DOSがIBM-PCに標準搭載(IBM版ではPC-DOS)され、一気にコンピューターソフトの最大メーカーとなっていきました。

Windowsの開発が始まったのもこの頃ですが、当時Windows1.0を見たことがあります。マッキントッシュが発売されたのと同時期(ちょっと遅れた位)のことです。

なんと、Windows1.0はタイリング型のウィンドウを採用していました。タイリング型って、要するに今のようにオーバーラップしてウィンドウを表示できず、画面を縦横に分割してその部分部分でプログラムを動かすというものでした。今考えると笑っちゃいます。でも、当時の技術では、本当はこれのほうが通常で、マッキントッシュが異常だったとしかいいようがありません。

MS-DOSに対抗していたCP/Mは、キャラクタベースのオーバーラップウィンドウシステムを搭載した、コンカレントCP/Mなるものを開発し、これに対抗していました。私は、富士通のPCでこれを動かす仕事をしたのですが、結局発売はされず、日の目を見ずに終わったと記憶しています。世の中はMS-DOSの時代、MicorSoftにより蹴散らされたのでした。
この後、私は富士通でパソコンの開発から離れ(パソコンが半導体の事業部での開発から、情報処理事業部での開発に移管されたことによる)、TRONの開発に代りました。

マッキントッシュとWindowsはこれだけ性能・機能に差があったのですが、この当時の巨人IBMの力で、IBM-PCが売れ続け、Windowsは1990年になってWindows3.0を出してやっとレベル的にマッキントッシュに追いつき(まだまだ差があるという議論はここでは置いておきます)、Windows3.1になってアメリカで爆発的に売れたのでした。


この記事を書いていながら、間違いがあってはいけないと、なにがいつの年だったかを時々検索してWikipediaなどで確認をしていたのですが、次のところにOS開発の歴史がまとめられているのを発見したので、リンクしておきます。


パソコンOSの年表

| IT技術全般 | 12:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://aceaksh.blog.fc2.com/tb.php/27-fb576c10

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。