エッセンス

物事の本質はなにか考えていきたいと思っています。司法書士の仕事のこと、普通の人のIT利用についてもお話ししたい思います。

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ノスタルジックなコンピュータの話 その2

さて、その後私は富士通に入社することになるのですが、富士通でのパソコン開発は不遇が続くことになります。
いくらいいマシンを作っても売れない!

時代は8ビットパソコンから16ビットパソコンになるわけですが、富士通は最初の16ビットパソコンで大失敗をしたのでした。

FM11という富士通最初の16ビットパソコンは、内部的には16ビットで外部的には8ビットの8088というCPUを採用してしまった。同時期に発売された、NECのPC98は、内部も外部も16ビットのCPU・8086を採用していた。このせいだけじゃなかったのかも知れないけど、とにかく最初の段階でのこの失敗が、その後長らく富士通のパソコン事業の低迷を招いてしまった。

“コンピュータ、ソフトがなければただの箱”というのは有名な話で、最初に売れたPC98には黙っていてもソフトウェアメーカーがソフトを開発するが、FM11やその後継機FM16βというパソコン用には、どこもソフトを開発してくれず、開発費を払ってなんとかPC98用のソフトをFM16βでも動くようにしてもらっていた。今と違い、当時はメーカーが違えば、パソコンの互換性がなく、PC98用のソフトはFM16βでは動かないのでした。それもで結局開発されるソフトの数が段違いで、マシンそのものは富士通のほうがよくても、誰も買ってくれない。

当時の統計では、NECが市場の5割超、富士通は3割くらいだったんだけど、この数字はまやかしで、富士通は法人営業でパソコンを大型コンピュータと抱き合わせ販売してなんとか台数を稼いでいたといわれており、実際の電気店での店頭販売では、PC98が9割といわれていました。

NECのPC98の寡占状態は、その後Windowsが主流となって、DOS/Vマシンと呼ばれるIBM-PC互換機が日本に上陸するまで続いたのでした。

| IT技術全般 | 00:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ノスタルジックなコンピュータの話

私のパソコン歴は古い。古いなんてもんじゃない。もしかしたら、これを読んでくれている人が生まれる前からパソコンを使っていた。そう、もう30年になる。その当時のパソコンを、今でいうパソコンと呼んでいいなら、ということになるけど。


8ビットのパソコンって、話では聞いたことがあるかもしれないけど、実際に触ったことがある人ってどれだけいるだろう。最初の完成品としての(自作用組み立てキットはそれより前にあった)パーソナルコンピュータといわれるもの(当時は、パソコン、マイコンという呼び方が混在していたけど)が日本で発売されたのが、1980年ころで、私がちょうど大学生になったころでした。
各社から次々と発売されたけど、一番有名なのが、NECのPC8001ではないかな。これが、その後のPC98シリーズにつながっていく。

私は、最初の発売から2年位した頃に、個人で買えるパソコンがあることを知り(最初はマニアのみが興味を示すもので、一般の人に宣伝されるようなものではありませんでした)、欲しくなってお金を貯めて、ちょっと出遅れたけど、日本一のコンピューターメーカーであった富士通が満を持して発売した、当時最高性能といわれたFM7というパソコンを買ったのでした(その後、それが高じて、私は富士通に就職することになり、パソコンの開発に関わることになった)。

当時のパソコンのスペックは、今から考えると驚くべきものです(マイナスの意味で)。

・メモリは64Kバイト
K(キロ)という単位がすごいよね。今はG(ギガ)でしょ。64Kって、1Gの約1万5千分の1。
これに、コンピュータを動かすプログラムの全部が入っていた。

・外部記憶装置はカセットテープレコーダー
ピーヒャラピーヒャラっていうモデムの音を聞いたことがある人はいるかも知れないけど、それを音声用カセットテープ(一応、音声用ではなく、データ用のカセットテープが売っていた)に録音してデータを保存したということです。最大でもたった64kのデータの保存と読込に異様に時間がかかった。
その後、しばらくして5インチフロッピーディスクが一般用として発売された。当時の容量は、256Kだったかと思う。それでも、入出力の速さは革命的であった。

・ディスプレイは640×200ドットの8色か、80×25行の文字
当初ディスプレイは、文字のみの表示だった(PC8001の最初のころ)。その後、ドット表示のグラフィックが表示できるようになった。今の原色の写真を表示できるのと比べればずっと劣るけど、メモリや外部記憶装置と比べれば、結構頑張っていたね。表示速度はどうしようもないけど。

いやー、これをパソコンと呼び、一式そろえると当時で50万円~100万円位したんだから、驚き。よくこんな高価なオモチャを買ったものだ。

話は続きます。



| IT技術全般 | 20:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ホームページのバグ

昨日の夜、作ったホームページを確認していて、正常に動作しないところがあることを見つけてしまった。

QHMというCMSを利用してホームページを作成しているので、ホームページの編集はブラウザ上で行い、すぐ表示を確認という方法でやっています。問題なく動作していたんですが・・・

普段は、ブラウザとしてGoogleのChromeを使っています。なんといっても動作が軽快。でも、Chromeって、ちょっと癖があるみたい。印刷をしようとすると、フォーマットが崩れることがあるし。
というか、いまだにシェアはIEがNo1(だよね)なので、Webの第1のターゲットとしては、IEにせざるを得ないから、Chromeがおかしいということになってしまうのだろうけど。

んでもって、昨日、FireFoxでちょっとホームページをみてみたら、ちゃんと動作しないところがある。IEでも試したら、やっぱり動作しない。Chromeでは問題ないのに。

我々素人が、ホームページを作成するのに、すべてのブラウザでちゃんと動作するか検証していくのは不可能に近いので、あまり凝った工夫(大した工夫をしたわけではないのですが、見よう見まねでJavaScriptを使った)をしないほうが無難という教訓でした。

修正するのに、夜中の2時頃までかかってしまった。おかげで今日は一日眠かった。

| ホームページ作成 | 22:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

債務整理という仕事の終焉

平成18年ころから、「過払い金を取り戻します」という広告が、電車の車内広告、ホームページ、はてはラジオ、テレビコマーシャルまで、大々的に宣伝されてきました。

平成18年1月に、最高裁判決によって、消費者金融やクレジット会社がそれまで受取っていた18%を超える利息は、無効であるとされたことがきっかけになっています。
これによって、消費者金融やクレジット会社は、過去の遡って、受取ってきた利息を返還しなければならなくなりました。
その結果、司法書士、弁護士にとって、過払い金返還請求という仕事が、大きな市場となったのでした。

同じ平成18年の12月、貸金業法が改正され、18%を超える利息での貸付は認められないことになった。その結果、過払い金請求という仕事は、数年の内に収束することが確実となりました。
その後、思ったより長く過払い請求という仕事は続いたが、平成22年9月に、かつて消費者金融最大手であった武富士が倒産したことに象徴されるように、消費者金融やクレジット会社が疲弊し、昨年(平成23年)後半から、本格的に過払い金請求という仕事が終焉する方向に向かい始めたように思います。

私も、過払い金を返金してもらうことで、それなりの利益があったので、余り偉そうなことも言えないですが、弁護士、司法書士が、儲かるということを理由に、大挙して過払い請求業務に殺到したのは、なんだかなぁ、という思いでした。この辺の事情については、また別に触れます。

いずれにせよ、それが本格的に終焉する方向に向かってきたことは間違いはないようです。
大々的に広告をし、人を集め、過払い金返金の仕事に特化して行なってきたところは、今後どうなるんでしょうね。私も人ごとでない面もありますが、これまで、一定量以上の仕事がこないように、債務整理の仕事をするという広告を控え、人を増やさないでも済む範囲で仕事をしてきたので、大混乱になることはないと思います。
それでも、仕事が大きく減ってきたので、何とかしなければとして始めたのが、ホームページを作ると言うことでした。ちょっと遅かったも知れないけど。

そして、この後、司法書士の仕事に、大きな淘汰の時代が来そうです。
今、日本で、ほとんどの事業で、仕事の減少に悩んでいるはずです。士業も例外ではないのですが、司法書士は、簡裁代理権の取得から、債務整理という巨大市場の出現ということで潤っていたのではないかと考えてます。簡裁代理権そのものは、その意義はともかく、そこには利益をあげる市場は限られていたのが、債務整理=過払い請求という巨大市場が出現したことで、不動産登記が減少していても、なんとかなっていた。それが、その巨大市場が一気に消滅するとどうなるか。当然、債務整理の仕事がなくなった人は、他に新たに開拓できそうな市場がない限り、ある程度ボリュームのある従来の登記の仕事に回帰していくでしょう。

そうすると、仕事の奪い合いになり、廃業をする司法書士がでてくる・・・こんなシナリオは考えたくもないですね。

| 債務整理 | 19:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

SEO対策

SEO対策 Search Engine Optimizing(検索エンジン最適化)

最初は、なんじゃそりゃ、ということだったんですが、ホームページを作成したら、欠かせないものなのか、ということが分ってきました。ひとつの必要悪なのかな、と思っています。
ネットから情報を得るとき、まずは知りたい情報を検索する。検索して上位に表示されなければ、誰にも見てもらえない。それじゃ、ホームページを作っても無意味。

内容のあるすばらしいホームページを作成すれば、検索で上位に表示されるというのが理想ではある。
でも、検索エンジンがホームページの本当の価値が判定できるかについては、限界がある。機械ができることに限界があるのは当たり前のこと。
そこで、検索エンジンに評価してもらうのに、SEO対策をする。

まあ、お金を出して広告をするのだから、お金を出してSEO対策をするということが責められるものではないと思います。でもなあ、なんかなあ、というのが感想です。

ある紹介しているホームページ、例えば専門会の紹介などのホームページで、お勧めとして上位に表示されているのは、結局お金を出しているところで、幾ら出すとお勧めのところに表示される、ということになっている。それに比べれば、まだSEO対策はずっとましのようにも思う。

SEO対策をすると結局どうなっていくのか考えてみると、最終的には2つのいたちごっこをしなければならないことが分ります。

1.Googleとのいたちごっこ
Googleは、検索エンジンが価値の高いホームページを検索の上位に表示しようとしている。それでも、プログラムが本当の意味で自然言語を理解してその価値を判定するというのは、少なくともいまの技術では不可能(相当それに近づいているのかもしれないけど)であるので、なんらかの基準(Googleはこれを公表しない)で価値を評価している。SEO対策をする側は、経験則からこれを推定し、それに有利なホームページを作成する。それが本質的内容とずれていて、過剰な対策をしているのであれば、Googleはそれを価値があるという評価から除外する。これが永遠と切り替えされる。

2.競合するホームページとのいたちごっこ
こっちの方が問題が大きいように思います。
自分が検索して欲しいと思う検索語について、SEO対策をすると、検索の上位に表示されるようになる。A社がそれをやって、上位に表示されるようになると、同業者であるB社も対策を行なって、A社より上位に表示さるようになろうとする。C社も、D社も、となって、競合する100社全部がSEO対策をやり始めたら、どうなるんだろう。
もちろん、うまく対策をしたところが上位になるのだろうが、これが永遠と繰り返されていく。
SEO対策をしてもらうのに、結構な費用がかかる。永遠と繰り返していったら、お金を幾らかければいいんだろう。

一体、どうなっていくんでしょうね。
最後には、本当によいホームページが上位に表示され、小手先のSEO対策が無意味ということになってくれるのだろうか。

検索をしてすぐに表示されたホームページが、自分に必要な情報を提供してくれる内容のよいものではなく、宣伝のためにお金をかけたホームページであった、ということがあるのには要注意ですね。

| ホームページ作成 | 22:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。